ブログ

財産が少ない人の方が遺言書を書いた方が良い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

財産が少ない人の方が遺言書を書いた方が良い理由

家族への思いやり溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座主催
行政書士の角田幸一です。

遺言書なんてお金持ちの書くものだ!
家には資産がないから・・・。

大半の方がこのように言います。
でも実際はこうです。

家庭裁判所に持ち込まれる
遺産分割協議の事件の内、

5000万円以下の事件が7割です。

この5000万円という数字は不動産、預貯金、金融資産、車など
すべてを含めた故人の資産の合計額です。

私の住んでいる神奈川県などで、一戸建てをお持ちの場合は
建物の価値がほとんどなくても、1500万から3000万円の
評価額になっています。

不動産をお持ちの方は固定資産税を毎年払っていると思います。
役所から送られてくる書面に資産の評価額が乗っているので
見てみて下さい。

しかも1000万円以下の争いがその内約3割です。
対して1億円以上の争いは1割にも満ちません。

このことからだけでも、金持ちよりもそうではない
一般の方の家庭の方が揉めてしまう事が分かると思います。

ではなぜ財産の少ないほうが揉めてしまうのか?は
次回の記事でお伝えします。

遺言書の書き方について詳しく知りたいかたはこちらです。

http://tsunoda-jimusyo.com/lastloveletter/

最後まで読んで頂いてありがとうございましたm(_ _)m

家族への思いやり溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座主催
行政書士の角田幸一

関連記事

お客様の声

『大切な家族に安心してもらいたい。遺言書をプレゼントして喜んでもらいたい!』 【70歳代 女性 Iさんのケース】 『自分が死んだあと争いをしてほしくない。 兄弟達にも迷惑をかけたくない。』 最初はトラブルを避けたいという想いでしたが、 個別相談をしていく中で、トラブル回避の為だけではなく、家族に喜んでもらいたい。安心してもらいたいと考えに変化していきました。 『大事な事をお任せしたので、今はすっきりしています。信頼してお任せしています。』 ⇒詳細はこちらの記事から
ページ上部へ戻る