ブログ

死亡以外の原因による相続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。家族への思いやり溢れる遺言書作成、ラストラブレター作成講座主宰、大和市の行政書士の角田です。

 

【相続の発生する要因】

 

相続が発生するのは人が死亡した時です。
他に一つ例外があり、それが失踪宣告と呼ばれているものです。
これは一定期間行方不明な人を死亡したとみなしてしまう制度です。
強制的に死亡扱いにすることで、相続を開始させるんです。

 

なぜこんな制度が必要か?

 

例えば夫が突然蒸発してしまった・・・。
浮気相手の所に行ったのか、お金のトラブルなのか、もしかしたら自殺かも・・。
でも理由も行き先も分からない。連絡もない。しかし遺体が見つかる訳でもない。
もう最後連絡ついた時から7年が経過している。

 

こんな時に利用できる制度なんです。
妻としては生死不明ですから離婚することも出来ません。
当然夫名義の財産も勝手に利用できる訳でもありません。
夫が帰ってくるか遺体が発見されるまで何年先か分からないまま、ただ待つだけなのでしょうか?

 

これは余りに妻が可愛そうですよね。
こんな時に夫を死亡とみなすことで、相続を発生させるんです。暫定的な処置ではありません。
そうすることで妻は新たな結婚も出来ますし、夫の財産を相続する事もできます。
唯々待ち続けるという事をしないですむ様になりました。

 

これが失踪宣告と呼ばれる制度です。

 

死んでるかどうかは分からないけど、死亡したとみなしてしまい、相続を発生させてしまいます。
ただこの制度は生きているかもしれない人を死亡とみなす制度なので、夫が戻って来た時や、
相続した妻の財産処分などにもいろいろ決まりがある制度です。いろいろ欠点などはあると思います。

でもこの例の妻のような家族はとても助かる制度です。

 

「失踪者の生死が7年間明らかでない時に、7年の期間満了時に死亡とみなされます。」

「沈没した船舶などの乗船者で死亡した危険性が高い確率で生死が不明になった者で、その生死が危難の去った後1年間判明しないと、危難のさった時に死亡とみなされます。」

 

上記が2つが要件になります。実際には余り利用する当事者にはなりたくないですよね・・・。
今回の記事は特殊な相続発生事例でした。

 

★『家族への思いやり溢れる遺言書~ラストラブレター講座』★

毎月セミナーを開催しています。

ご興味のある方はこちらをご覧になって下さい。

 

 

 

 

関連記事

お客様の声

『大切な家族に安心してもらいたい。遺言書をプレゼントして喜んでもらいたい!』 【70歳代 女性 Iさんのケース】 『自分が死んだあと争いをしてほしくない。 兄弟達にも迷惑をかけたくない。』 最初はトラブルを避けたいという想いでしたが、 個別相談をしていく中で、トラブル回避の為だけではなく、家族に喜んでもらいたい。安心してもらいたいと考えに変化していきました。 『大事な事をお任せしたので、今はすっきりしています。信頼してお任せしています。』 ⇒詳細はこちらの記事から
ページ上部へ戻る