プロフィール

なぜ私が家族への思いやり溢れる遺言書の作り方をお伝えしてるかと言うと・・・。
大学時代に遡ります。

 

20160115_072349000_ios

 

 

【大学中退】

大学を卒業できなかった・・・・。

5046653a366801ff69b4b7acaaeb8b30_s
希望の大学に入学したのに、その先の事を何も考えられずに、ただ目の前の楽しい事、楽な事を選択し続けて、授業にも行かなくなっていました。

このままでは何も進まないと頭では分かっていたけど、足は大学には向かわず、友達と会う事、好きな本を読む事だけに没頭していました。
大学に行かなくても何とかなる。就職活動なんてしたくない。やりたい仕事なんて特にない。
何とかなるさ!
とは思いながらも不安な思いは抱えていました・・。

大学に行ってない事、当然単位も取れてないことを両親には全く伝えていませでした。
たまに大学のこと聞かれても適当にごまかしている様な状況。

4年で卒業ところか卒業そのものができない・・・。

いつかは親に話さないといけない。
でもそれを話したら親は絶対悲しむ。だから言えない。

我が家は全く裕福ではなく、教育ローンを使って大学の授業料を払ってくれていました。
大学入るにも一年間浪人させてもらい、予備校にも通わせてもらっています。

両親は共に大学には行ってなかったので、姉と私には大学を出てもらいたいと思っていました。
私の希望を聞いて進学させてもらい、希望の大学に入れたのにも関わらず、卒業できそうにない。

気持ちを改め、通えたとしても留年は確定。
そのお金を自分で払えるほどバイトなどしてるわけでもありませんでした。

結果・・・中退をしました。
両親に話した時は母親には泣かれてしまい、滅多に怒らない父親も怒り、そして悲しんでいました。

この大学を中退してしまったこと。そして両親を悲しませてしまったこと。自分への信頼を失ったこと。
この経験が現在の自分の仕事に影響しています。

【サラリーマンとして】

7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s

大学も辞めてしまったので、もう働くしか選択肢はありませでした。
とにもかくにも就職して稼がないと生きていく術はありませんでした。
そして最初に選んだ会社が証券会社でした。
選んだというよりは就職させてくれた会社が証券会社での営業の仕事でした。

仕事内容は個人向けの金融商品の販売。
朝から晩まで電話をかけ、アポイントをとり商談へ。
商談では自分が良いと思った商品を積極的に勧めて行きます。
初めての仕事でしたので、無我夢中でした。

ですが、私としては良いものと思い勧めていましたが、お客様の希望に応える様な結果は出せていませんでした。
信頼して買って頂いても結果が出せないので、次第に疑問を持つようになりました。

しばらく悩みました。
悩んだ結果、確信の持てるものを勧められない事に我慢が出来なくなり退職する事になりました。

そしてお客様に喜んでもらえるサービス、その上両親や家族にも安心してもらえる様な仕事をして行きたいと考える様になりました。
今考えれば両親はそんな事望んでいたわけではないし、何をもって安心なんかも分からないですが、漠然と第三者が認めてもらえるような道を模索し始めました。

そこで興味をもったのが、法律職として資格を取得して独立する事でした。
法律職であればお客様のお役に立ち、家族にも安心してもらえると思い、資格取得に向け勉強を開始しました。

 

【裁判所に出廷】

3bc7be0ac61d0422043778e0448d9170_s

そんな時に以前勤めていた会社から
連絡がありました。
裁判に証人として出廷してくれないか?
との連絡でした。
何のことだろうと思い、
確認するとこういうことでした。

内容は以前私が契約させて頂いたお客様が損失が大きく出てしまった為、会社に対して訴訟を起こした様でした。
そこで契約の時に元本保証をしていないか?
無理に勧めていないか?
その様な質問に答えてくれとの依頼でした。

当然私は決められてルールの通りにお勧めし、契約してもらっているます。
なので会社の依頼通りに裁判所に行く事に決めました。

初めて立つ法廷ではとても緊張しました。
何もやましい事はないのですが、相手弁護士から質問受けてる時は、何か悪い事でもしてしまった様な気分を味わいました。
私が訴えられてるわけではないのですが。。。。

この時の経験から更に法律に興味を持つ様になりました。
法廷に出る様な事になってしまうと、私も含め普通の方はやはり緊張もするし、気分の良いものではありません。
当然争っている当事者としてはもっと辛い思いをしていると思います。

 

そんな辛い思いをしなくて済む様に法律の知識を使って事前にしっかりと予防する。
そしてお客様が思いもよらない争いに巻き込まれない為にお手伝いをして行きたいと強く思う様になりました。

 

【行政書士として独立、相続分野専門となる】

その後試験に合格し、法律家としてお客様のお手伝いが出来る様になりました。
相続分野専門の行政書士として業務をスタートしました。

相続は思いも寄らないトラブルを引き起こします。
仲の良かった家族が相続をきっかけにバラバラになってしまう事もあります。
そして家族だからこそ一度争ってしまうと、元通りになるのが難しいです。

でも事前にしっかりとした準備をする事で、家族を守る事が出来るのです。
準備をしっかりやれば裁判になんてならないですし、争いも予防する事が出来ます。

私はトラブルに遭う家族を減らしたいと思い、活動をスタートさせました。

相続トラブルに遭う家族を減らしたいと思いで活動を始めますが、現実は・・・。

【ラストラブレターとの出会い】

3b431eef90181fd0a36bb105fa16d8a6_s

喜び勇んで仕事していたが
知り合いや身内からの紹介で細々と仕事を頂いてる状況でした。

そんな中、知り合いの夫婦から遺言書作成の依頼を頂きました。
初めての遺言書作成でした。
必死に勉強して何とか完成にたどり着きました。

すると依頼者の方がほんとに喜んでくれました。
「これで安心した。家族に迷惑かけないで済むようになりますよね?」と言葉をかけて頂きました。

初めて自分の力で人の役に立てた気がしました。
遺言書を作成する事はお客様に喜んで貰えるものだと確信しました。

だからこそ、もっと多くの人に遺言書のことを知ってもらいと強く思う様になりました。

遺言書には相続トラブルからだけでなく、様々な事から家族を守る力があります。

でもほとんどの方はその事を知りません。

どうやったら一人でも多くの人に知って貰えるか悩んでる時に、ある方からアドバイスを受け、遺言書の持つ素晴らしい力に気づき、内容を伝えられる様になった。

 

それが『家族への思いやり溢れる遺言書。ラストラブレター講座』でした。

 

「トラブル回避の為だけに財産分けの指示を書くだけの遺言書ではなく、大切な家族への本当の思いを一緒に届ける事で、家族の未来の安心と幸せを届ける事が出来る。」

家族へ安心と幸せな未来をプレゼントできる他にはない遺言書のサービスを伝える事でお客様に作成していただける様になりました。

 

お客様の声

50代、女性

『4月に父が亡くなりいろいろな相続の手続きに追われました。親子でありながら亡くなって初めて知る事もたくさんありました。

一人娘には同じ苦労をかけたくないと思い参加させて頂きましたが、とても参考になる内容でした。

「ラストラブレター」という考え方も初めて聞きましたが、今後の参考になりました。』

40代、女性

『大切な家族なので、もめ事なく終わらせれるのが理想です。ラストラブレター書きたいと思います。』

 

こんなお客様の感想をいただける様になり、家族を幸せと本人も喜んでもらえる遺言書〜ラストラブレターを多くの方に届けています。

家族への思い溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座

 

家族への思いやり溢れる遺言書作成

ラストラブレター講座を受けた方から、

『今まで漠然とした不安を抱えていたけど、遺言書作成をしたことで、モヤモヤがスッキリして、家族への愛情がより深くなりました。』

『遺言書なんてもっと年をとってから書くものと思っていましたが、セミナーを聞いて、今だからこそ家族へ遺言書を通じて感謝を伝えるべきなんだと思い作成をお願いしました。』

『家には財産が少ないから必要ないと思っていました。でもだからこそ遺言書作成することで、トラブルを防止して、家族に安心を届けようと思いました。作成したことで家族に喜んでもらっています。』

など、安心してご家族への愛情を伝えることができて、
ご家族の方にも喜んでいただけています。

 

詳しく知りたい方はこちらです。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-06-17-06-12%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-06-17-05-15%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-13-16-59-41

 

【プロフィール】

角田 幸一 (つのだ こういち)

行政書士 終活カウンセラー 相続法務指導員 宅建士有資格

1977年(昭和52年)5月21日 神奈川県横浜市緑区生まれ

神奈川県綾瀬市にて育つ

現在、神奈川県大和市在住

奥さん、息子1人(2歳)の3人家族

趣味は川崎フロンターレ、横浜DeNAベイスターズを応援すること

家族への思いやり溢れる遺言書作成〜ラストラブレター講座

 

20161103_022638000_ios

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る