ブログ

必要ないと思ってましたが、主人と話してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セミナー参加者様の声

家族への思いやり溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座主催
大和市の行政書士、角田幸一です。

以前に開催したセミナーでこんな嬉しい声を頂きました。

【50代女性】

ファイル 2017-01-13 7 15 10

父母とはなかなかこういう話をできないのが実状です。
資料がとてもわかりやすいので、
まずは持ち帰り主人と話したいと思います。
父母は家は財産がないからと良く言いますが、
財産が無い方がもめるというお話が気になりました。
近いうちに話し合いができれば良いのですが・・。
資料を活用させて頂きます。
今日はありがとうございました。

なかなか相続の事など話しづらい家族が大半だと思います。
でもセミナーに夫婦で参加頂いたり、親子で来られる方などは
セミナーをきっかけに話し合いが始まる場合も多いそうです。
家族に安心してほしいけど何から始めたら良いか分からない方は
家族で一緒に参加するのも良いかもしれませんね。
参加ありがとうございましたm(_ _)m

【60代女性】

ファイル 2017-01-13 7 15 24

私の両親、義理の両親が亡くなった時、遺言書が無くても揉める事無く
スムーズに財産分割が出来たので、私自身も必要がないかと思っていましたが、
今日の話を聞いて、必要なものだと考えさせられました。
今後主人と良く話し合ってみます。

すべての相続が揉める訳ではありません。
全く大丈夫な場合もあると思います。
ただ大丈夫かどうかはその時が来てみないと分からないです。
揉めてしまったら家族の仲が元に戻る確率は限りなく低くなります。
転ばぬ先の杖として。
そして大切な家族に喜んでもらえるためにもラストラブレターは
有用です。
セミナーご参加ありがとうございました。

 

まだまだセミナー参加者様の声頂いてますので、
どんどん紹介して行きたいと思います。

セミナーに参加する事がきっかけで家族で話し合いをして、
対策を始める人もいらっしゃいます。
まずは聞いてみたいという方は1月のセミナー開催要項です。

遺言書の書き方〜ラストラブレター講座

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

家族への思いやり溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座主催
大和市の行政書士、角田幸一

関連記事

お客様の声

『大切な家族に安心してもらいたい。遺言書をプレゼントして喜んでもらいたい!』 【70歳代 女性 Iさんのケース】 『自分が死んだあと争いをしてほしくない。 兄弟達にも迷惑をかけたくない。』 最初はトラブルを避けたいという想いでしたが、 個別相談をしていく中で、トラブル回避の為だけではなく、家族に喜んでもらいたい。安心してもらいたいと考えに変化していきました。 『大事な事をお任せしたので、今はすっきりしています。信頼してお任せしています。』 ⇒詳細はこちらの記事から
ページ上部へ戻る