ブログ

転ばぬ先の杖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

転ばぬ先の杖

家族への思いやり溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座主催
行政書士の角田幸一です。

皆さんは保険には入られていますか?
生命保険、損害保険、火災保険、がん保険、学資保険、地震保険などなど。
今の世の中には数え切れないほどの保険があります。
私も生命保険や自動車保険など何種類か加入しています。

保険は何のために入っているのか?
もしもの時のためです。

例えば自動車で事故を起こしてしうかもしれないので加入します。
がん保険もご自身がガンになった時に備えて加入しています。

その中でも一定の年齢や家庭をもったりした時に加入するのが
生命保険ですよね。

人間なら誰にも必ず訪れる死。
この時に備えて、家族のために加入します。
生命保険の加入率はとても高いです。

この様に保険はタイトルに書いた通り転ばぬ先の杖です。
『生命保険なんか不要だ!』と言い切れる方は少ないのではないでしょうか?

では人間なら誰にでも必ず訪れる死。
この時に備えて書く遺言書。
『遺言書なんて不要だ!』と言い切れる方は多いです笑。

遺言書がない。もしくはあっても内容が不十分。
こんな例で相続トラブルにあう家庭はたくさんあります。
そしてトラブル内容は悲惨です。

相続トラブルの一番つらい所は二度と元の関係には戻れない所です。
家族間でのお金の事で揉める。
家族間で過去の家族に対する不平不満で揉める。

家族だからこそ元の関係に戻るのはほんとに難しいです。
生命保険だって一気に大金が入ってきた為に崩壊してしまう
家族を保険屋さんからも良く聞きます。

それぐらい人が亡くなることでトラブルの芽になる事は埋まっています。

あなたは何のために生命保険に入られたのでしょうか?
税金対策などもあると思いますが、一番は大切な家族の未来を思っての
ことではなかったでしょうか?

大切な家族が自分の死んだ後、仲違いしてしまう。
相続手続きで時間とお金を使い、あげくの果てに家族バラバラに・・・。

脅しで書いている訳ではありません。
それはこれだけ生命保険に加入している時代ですから、
大半の方は気づいているのだと思います。
いろんなトラブルの芽が埋まっている事に。

時間のある時に考えて見て下さい。
あなたにとって一番大切なもの、守らなければいけないものは何なのか??

相続トラブルの事など詳しく知りたいかたはこちらへ。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m
家族への思いやり溢れる遺言書作成
ラストラブレター講座主催
行政書士の角田幸一

関連記事

お客様の声

『大切な家族に安心してもらいたい。遺言書をプレゼントして喜んでもらいたい!』 【70歳代 女性 Iさんのケース】 『自分が死んだあと争いをしてほしくない。 兄弟達にも迷惑をかけたくない。』 最初はトラブルを避けたいという想いでしたが、 個別相談をしていく中で、トラブル回避の為だけではなく、家族に喜んでもらいたい。安心してもらいたいと考えに変化していきました。 『大事な事をお任せしたので、今はすっきりしています。信頼してお任せしています。』 ⇒詳細はこちらの記事から
ページ上部へ戻る